デパスの服用方法|デパスを効果的に使うために知っておきたい事

デパスを効果的に使うために知っておきたい事

デパスの服用方法

スプーンにのっている薬

また、デパスは普通の生活の中で感じるイライラや軽いストレスの解消を目的に、安易に飲むお薬ではありません。これをまず留意したうえで次は服用方法について説明していきます。
お薬でには服用方法というものがありますよね。デパスは抗不安薬ですので、ここは安易に考えてはいけません。正しい服用をしなければ、その効き目がなかったり依存性になりやすくなったりしてしまいます。
神経症・うつ病の場合といった場合には、成人では1日3mgを限度に1mg×3回に分けて経口服用するようにしましょう。
心身症・頸椎症(肩こり)・腰痛症・筋収縮性頭痛の場合では、1日1.5mgを限度に0.5mg×3回に分け服用します。
睡眠薬や睡眠誘導薬として使いたい場合は、1日1~3mgを就寝前に1回経口服用すると良いでしょう。
このように、症状や目的に合わせて用量が変わって来ます。しっかり守って使うようにしましょう。

ただ、これは基本的な話です。実際には個人差であったり相性というものも、少なからず存在します。ある人にはこの量で効いていたものが同じ量を自分が飲んだ場合効かなかったり、良くなかったりするということもあり得ます。
なにが言いたいのかというと、少なめから試して身体や症状と相談した飲み方をするか、お医者さんと相談して服用してみるというやり方をするようにしてみましょう。